財布における金運アップの要素として「色」も重要ということは知られています。

一概に良い色、ダメな色の線引きをするのは難しいのですが、それでも金運アップに「良い色の傾向、悪い色の傾向」はあるようです。

それぞれの色について調べ、良いところ悪いところを述べてみましたので参考にしてみてください。

金運アップに良い財布の色

まずは、金運に良いとされる財布の色から。あくまで「財布の色」です。

全体的な金運とか商売に良い色でも財布にはイマイチという色もありますので。

黒色(ブラック)

わが国では一般的にネガティブなイメージの黒色。しかし、金運的には良いと言われています。

ブラック企業、ブラックリスト、暗いイメージなど悪い表現の代名詞にもなっていますが、運気に関しては堅実で手堅い色だそうです。

財布が黒色だと、中のお金を堅実に守ってくれて運気が安定すると言われているらしいですよ。

そして、赤字に対して「黒字」というのも、お金に関してはプラス、ポジティブな感じで縁起がよさそうですね。

金運を堅実に守る色、ブラック。特に経済力のある方は黒が多いとの情報もチラホラ見かけました。おすすめです。


白色(ホワイト)

白色は浄化とかリセットの意味があるそうです。

なので、今までの悪い金運、良くなかった金運をリセットしたい、キレイにしたい、運気を変えたい時に適していると言われています。

また、金運で白色と言えば「白蛇」。

ネットショップやオークションなどで白蛇と検索すれば、金運アイテムがたくさんヒットするほど白蛇というのは御利益がありま、、あると思います。

ただ、本物の白蛇皮の財布は高価ですので、白い財布をチョイスしたいと思ったら白蛇柄がおすすめです。


灰色(グレー)

グレーという色は、ご存知のように「白と黒」を混ぜた色なので、両方の色を併せ持つ効果を期待出来るそうです。

黒の堅実さと白の浄化のパワーを兼ね備えているというところでしょうか。

良くなかった金運をリセットし好転した金運を守ってくれる、ということが期待できそうです。

茶色(ブラウン)




財布の色としては「黒」と同じくオーソドックスな色という印象がある「茶色」。

土・大地を想起しますが「地に足がついている」という言葉があるように「安定」の色だそうです。

安定してお金が貯まる、貯金ができるというような効果が期待できるとのこと。

後で述べますが「赤色」や「金色」とは、財布の色という観点では対極と言える色です。

ちなみに、茶の色が暗いほど「黒」の堅実さが増すような感じらしいですよ。

まあまあ金運アップが期待できる色

次はまあまあの色。良い色の中に好みの色が無いような場合などはチョイスしてもよろしいかと。

黄色(イエロー)

金運のイメージといえば、黄色か金色という方も多いかと思います。

風水においても黄色は「土」の意味があり、土は金を生み出すということらしいです。

ですが、財布に良い色なのかというと微妙とのこと。

黄色は赤色と同じくお金の流れを活発にする色だそうです。

ただ、金回りが良くなるということで、商売には適した色ともされています。

ということで、財布には悪くないが適しているとも言えない微妙な色でしょう。

金色(ゴールド)




まさに金運カラー。ザ・金運というイメージの方も多いでしょう。カネ=金ですから。

これ以上ない金運カラーかと思いきや、実はいうほどすごい色ではなかったです。

悪くはないです。どちらかといえば財布には適した色という情報が多かったです。

ですが、個人的に最強色と思っていたので若干拍子抜けの感がありました。というか「強すぎる」ということらしいです。入るのも出るのも。

なるほど、赤や黄と同じ感じなわけですね。

その似た感じの赤・黄・金の三色のネガティブ感は赤が一番で、金はどちらかというとポジティブな情報のほうが多かった気がします。ネガティブな順番だと赤⇒黄⇒金ですね。

ということで、いうほどすごくはないけど、まあまあの色という結果でした。

青色(ブルー)




いろいろ調べましたが、この色は濃さによって若干特性が変わってくるようです。

濃い青、いわゆる紺色だと「黒色」に近い堅実さや財を守ってくれる、というような効果が期待できるらしいです。

薄い青、いわゆる水色だと「流水」のイメージで、お金が流れてしまう、つまり貯まらないということだそうです。

ただ、風水的には「水は財を呼ぶ」ので悪いことばかりでもありません。

青色は全体的に「冷静、落ち着いている、誠実」という意味を持つな色なので、冷静沈着な方や青が好きな方は悪い選択ではないと思います。

紫色(パープル)

昔から高貴な色とされてきた「紫」。財布の色としても悪くはないそうです。

調べてみて初めて知ったのですが「仕事・出世」の色で、スキルアップや地位の向上に効果が期待できるとのこと。

金運に直接的に良いというわけではありませんが、地位が上がれば当然それに伴いお金が増えるわけですからね。

ただし「紫色」には「不安定」というキーワードもチラホラ垣間見えました。なので、まあまあということで。

金運アップに良くない色

まあ、絶対に悪いというわけではありませんが、調べた結果がよろしくなかった色です。

赤色(レッド)

財布の色

赤といえば、燃える色、情熱の色、力強い色、エネルギッシュなイメージですね。

わが国では赤飯や鳥居の色、そして紅白など「おめでたい」色ともされています。

では、金運として、財布の色としては良いのか悪いのかというと、どちらかというと「悪い」ようです。

もちろんポジティブなところもあるのですが、金運に関しては良くないという情報が多かったですね。

最も金運の悪さを象徴しているのが「赤字」。お金に関して赤はダメなようです。

また、赤はエネルギッシュなイメージ通り、お金に活力・活気をもたらし「出入りが激しく」なるとのこと。

ということで、財布には適さない色とされています。

橙色(オレンジ)

赤色と黄色を混ぜれば橙色になりますが、金運的にも赤と黄の特性を併せ持つ感じだそうです。

お金の出入りが激しくなり散財しやすい色なので、金銭管理をしっかり出来ないと「浪費」という状況が続いてしまうかもしれません。

まとめ

想定はしていましたが、運気、色で調べると「風水」関連の情報が非常に多かったです。

よって、今回まとめた記事は風水的な観点に若干偏っているかもしれません。

それと、申し上げておきますが「諸説あり」ということ。あくまでも参考ということで。

あと、もう一つ。私は風水師でも占い師でもありませんし、詳しくもありません。ただのド素人です。

とはいえ、結構参考にはなると思います。いろいろ調べましたからね。

例えば「赤色」は良くない、お勧めはしない感じで述べましたが、一部「赤は金運上がるよ」的な情報もありました。

しかしほとんどが、そうですね、8割程度ですかね、赤は金運アップに良くないという情報だったので、ややネガティブに伝えさせていただきました。

まぁ調べて分かりましたが、俗にいう「暖色系」は、あまり財布の色としては向いてないようです。

逆に「黒色」は、金運に良くないという情報は無いに等しかったです。「良くも悪くもない」が稀にあった程度。黒色の財布はこちらをおすすめしておきます。

一応、ネットや書籍などで数多く調べましたので、参考にして頂ければ幸いです。